毛皮のコート

先日、毛皮のコートをひっさびさに手に取りました。
お客さんに「ちょっと持ってて」と言われ何気なく受け取ったその毛皮のコートの手触りと重さ。
瞬間的にそれがコートではなく動物の死体に思えました。
思えたんじゃなくて実際に動物の死体なんですよね。。。。毛皮って。

放り出したい衝動に駆られましたが、寸でのところでとどまりました。
お客さんのずっしり重いワタクシの年収ほどもありそうなコートを
放り出したらクレームですもん(苦笑)

会社でも偶然そんな話になり
毛皮がどうやって作られているのかを良く知らない人が多かった。
「死んだ動物の毛」という認識が大多数で正しく認識していた人はほんの数人。

正しくは「死んだ動物の毛」だけでは生産が追いつかないので
「毛皮のために殺された動物の毛も使用されてる。」が正解に近いんだと思います。
それも、コスト(薬品や設備)を抑え、穴あき(弾跡)など買い叩きになりそうな
リスクを避ける方法で命を絶たれているんじゃないかな~と。
101匹わんちゃんの映画、あれって作り話ではないんですよねぇ・・・・

ペットの生体販売と同じく需要がなかったら供給もないと思います。
『毛皮は必要ですか?』←リンク先に残酷な写真や映像はありません。


ワタクシ一人不買いしたとこで・・・と言われますが、ひとりひとりの行動が大きな結果に
必ず繋がると信じています。
ウチの子達と毛皮になってる動物を別物として考える事ができません。。。。
動物の死体を首に巻くなんてワタクシにはできませんil||li _| ̄|○ il||li

ちなみに、ファーと言われてるものですが、安いからと言ってフェイクとは限りません。
100均でもリアルファーは売られています。
安い労働力で作れるトコで安い材料を使って作られているものだそうです。

世界に目を向け、身近なところから生きるのに必要なものだけを吟味したいと思います。
必要ではないものの為に無駄に命を奪われない世の中になって欲しいと思います。


******************************




さて、昨日はぽかぽかなお昼だったので、まるこを連れて散歩に行ってきました。
まるこは水や雪が大嫌いなので、冬の散歩は3歩ほど行って石になってしまいます(笑)
雪道を散歩して肉球を怪我したから、ますますね・・・・・
e0155183_841467.jpg
雪がないってめっちゃ楽しいわーママー
e0155183_8414391.jpg
まるちゃん最近ダイエットしています。
というか、フードではなく野菜と肉の食事にしたら痩せました。
ついでに痒がらなくなり、おできも少なくなりました。

散歩が終わってもまることメルモはテンション上がりっぱなし(笑)家中走りまわっておりました。
e0155183_8422479.jpg
そこどいてくださーいーお母さまー
[PR]
by gonmarumeru | 2009-02-06 15:03 | ひとりごと
<< おはようございます。 節分だったそうですが。 >>