生きてます(笑)

私は忙しいながらも元気ですが、今朝ごんたの排泄の調子が悪く病院へ。

ごんたの大好きないつもの助手の方がいなく、今日は普段受付をしている方でした。
嫌ーーな予感はしたのですが、予感的中。

爪きりの時に動かないように押さえるのですが
その押さえ方が尋常ではなく、私が「やめて!」という前にごんたは失神。。。。。
プロレスで片手の腕を使って相手の首を羽交い絞めにするあのやり方で押さえつけ
爪きりが終わった後もすぐにはその手を離しませんでした。
先生に手を離して!と言われ助手が手を離した時にはすでにごんたは失神。
まじめに、死んだと思いました。

なんとか意識は取り戻してその後レントゲンを撮り、前立腺肥大との診断。
病気なのは仕方ないけど、2ヶ月前のレントゲンでも前立腺肥大は認められ
もう少し大きくなるようだったら投薬しましょう。と言ったのは先生なのに
今日は、もっと早く気づいてたら!だって(笑)
頭にきたので、前回のレントゲンを見てもらいました。カルテも。
あー前回も前立腺だったねー薬、出してなかったっけ?と。まるでヒトゴト。

さらに、膀胱炎をおこしてるので、前立腺の治療は膀胱炎の治療が終わる10日後から。
10日後に始めるけど、年末なので年明けにしましょう。との事。
前立腺が大きくなって、排便も排尿も困難な状態なのに年明け4日まで待て?
今日から10日後だったら、30日ですよね?30日ではダメなんですか?と聞いたら
まだ菌がいるとか、どうのこうの色々言い訳してました。
ホルモン剤と一緒に抗生剤も出すって言いましたよね?
んじゃ、ごんたの身体的にはOKって事なんじゃないですか?と聞きましたが
のらりくらりと逃げられて。
もうこの時にはこの病院、ダメだな。と思ったので追求もしませんでしたけど。

おまけに、ごんたの失神についても謝るどころか、それだけ心臓が弱ってるから。って。
違うでしょーーーーー!
あなたのトコのあの人が首をしめたからでしょーと言ったけど無駄でした。
挙句の果てには、レントゲン中にストレスで心臓が止まる子もいるだのなんだのって
爪きりのストレスで心臓が止まるって、今までトリミングで毎回心臓が止まってたとでも?
ウチのごんたが失神したのは、あなたのトコのあの人が首をしめたからです。

その証拠に気管が傷ついたらしく、よだれに血が未だに混じっています。
今日はもう大分疲れたようで、朝の10時頃に帰ってきてから寝っぱなしなので
明日にでも違う病院に連れて行こうと思います。
年寄りで、骨が大分薄くなり弱くなってきてるので、首の骨でも折られた日にはたまらない。
肋骨も折れてるんじゃないかと心配しています。
きっと新しい病院でもレントゲンを撮る事になると思うので、その時にでも見てもらいます。
呼吸音は正常で水っぽくないので、折れていたとしても肺に影響してるほどでは無さそうです。

今まで、ごんたはここの病院にしかかかった事がなく、
ウチに来てから1~2ヶ月に一回は診察してもらい続けて、最期までここだ。と思ってましたが
もう、ここの病院には行きません。
ここの病院の先生はとてもいい先生だと思ってましたので非常に残念です。

受け付けのあの人にも腹が立ちますが、それをごんたの病気のせいにした事と
年末年始休業を念頭においたごんたの排泄困難を無視した治療計画にがっかりしました。
ついでに目薬として白内障用の目薬を出してくれました。
以前、この薬の副作用で心停止したからこの目薬は出さないで。って言ったのに。

今日の会計は抗生剤が10日分と爪きりとレントゲン2枚で1万超え。

次に行こうと思ってる病院は真夜中に夜間救急でまるこが九死に一生を得た先生のトコです。
この辺一帯の動物病院に電話したけどどこも時間が遅いと断られ
ここもダメ元で留守電にメッセージを入れたら、すぐに来てください。と迎えていただき、
3日ほど意識不明で10日ほどの入院生活でしたが、肝臓にダメージを受ける前に
治療を受けられたのが幸いして命に別状がなく、今も元気に暮らせております。
ここは激混みで、診察券を出したら一日待たなければならず、通うのが難しかったので
今まで行ってませんでしたが、今日のこの事で踏ん切りがつきました。

決めたけどまだちょっと、前の病院に申し訳ないような気持ちもあります。
今まで、13年だか14年だかずっとお世話になったのに・・・と。
けどなー人間は自分で医者を選べるけど、わん達にはそれができないのよね。

コメント、たくさんありがとうございます。
追ってお返事させていただきます。申し訳ありません!
[PR]
by gonmarumeru | 2008-12-18 20:40 | ひとりごと
<< セカンドオピニオン 冬のお散歩 >>