「ほっ」と。キャンペーン

あなたが死んだら私は悲しい  などを読んで

最近読んだ本の中のご紹介。
って毎日聖書以外にも数冊の本を同時進行で読んでるので、目が辛い。
老眼鏡が欲しいと切実に思います。

まずは

子どもに愛が伝わる5つの方法

ゲーリー チャップマン / いのちのことば社


こどものいない私がなぜにこの本を手に取ったのか。
子どもに愛を伝える方法=夫に愛を伝える方法。だったんだと。
そして、それは家族間だけではなく、万人に(適度な距離計測と関係の濃密さによる)共通するlanguageではないか?と
試行錯誤しつつ、読むだけで終わらせず、やってみるべし。




まぁ通常、夫婦関係向けの本はこちら

愛を伝える5つの方法

ゲーリー チャップマン / いのちのことば社


が必読のようなのですが、残念ながら未読デス。



次はこちら

あなたが死んだら私は悲しい 心理学者からのいのちのメッセージ

碓井真史 / いのちのことば社



この本は『心理学総合案内こころの散歩道」』という、サイトを運営してる碓井先生の執筆による本です。
このサイトは、この本の裏表紙にあるプロフィールにあったのを見て知りました。

なぜこの本を手に取ったか。
年間三万人と言われている自死者数ですが、未遂や数日延命の末に亡くなった方はカウントされていない数字な事を踏まえると
自死しよう。と決意された方の数は数十万程に上るはずです。

誰でも一度や二度はそう思った経験があるはず。
能天気に見える私でさえも過去には真剣に考えた事がありました。
で、なぜ今現在こうやって生きているのか。
あの、死にたい。って衝動を、死のうとした思いを止めたものはなんだったのか。
と最近思い巡らせる事が多くなってきています。

どうして死んじゃいけないんだろう?とよく思ったものです。
自分の人生なんだもん、終わり位自分で決めさせて欲しい。とも。

そんな思いの中で、いざ体調が悪くなって苦しくなった私は
病院に「先生ーー死にそうに苦しい!助けて~」と駆け込んだのでした。
な~んだ、私、本当は生きたいんじゃん。と思って内心可笑しくて仕方がなかった事を
今でも鮮明に覚えています。
それからも、死のう。と思うたびに、
「いや・・・今日じゃなくてもいつでもできるじゃん。とりあえず今日は止めとこう。止める理由?んなもんないけど、別にいいじゃん。」
と心の声に止められてきたものです。

その後、紆余曲折あって、何年もかかって神様を知り、イエス様を知り
死にたい。で一杯だった私の心は、生かされている喜びで一杯に変わっていったのでした。

で、最近は昔の私のように「死にたい」でいっぱいになってる方にお会いする機会が多くなり
その声が、その行為が、「本当は生きたいんだ!!」って叫びに聞こえてくるのです。

その中で、何か自分にできる事はないだろうか。と祈っている時に出会った一冊の本でした。




その女を父の家の入口のところに連れ出し、その女の町の人々は石で彼女を打たなければならない。
………あなたがたのうちから悪を除き去りなさい。(申命記22:21)

この罪ある私が、今生きる事を許されている事を思い巡らす時、ただただ主のあわれみによるものである事に感謝します。
神に罪を赦された者として、喜びと魂の自由が与えられている事も感謝します。
[PR]
by gonmarumeru | 2011-05-10 12:13 | ひとりごと
ご無沙汰しております。 >>