キャベツのうまたれ

数年前にどこかでお見かけした<キャベツのうまたれ>
近所のスーパーでお見かけする事ができずにいましたが
捜索の手は緩めず、ずっと探しておりました。
通販すればよかったようなもんですが
どうしても売ってるものを買いたかった(笑)

やっと会えましたーー
とは言っても相方が見つけて買ってきてくれたのですが。
e0155183_10451661.jpg
キャベツのうまたれ。
e0155183_10463567.jpg
ちぎったキャベツにかけるだけなんですが黒酢味で期待通り美味しい。
さっぱりと生のキャベツがどんどこ食べれちゃう。
これ、肉料理の付け合せにいいよね~と思っていたら
焼き鳥屋さんで出されているんだそうです。納得。
肉料理の付け合せのキャベツにマヨはアレですもんねぇ。
HPを見ていたら浅漬けにもできるとか。
試してみようっと。


我が家で採れた韮
e0155183_1050433.jpg
あまり大きくならないウチに収穫。
豚肉の焼いたのと合わせてみました。
e0155183_10512938.jpg
味付けは塩コショウ&醤油でシンプルに。
豚肉は炒めないでフライパンでじっくり焼いて
最後に韮を入れてさっと火を通して出来上がり♪

この豚肉、うっかりキャベツのうまたれの皿に一切れ落としてしまい
それを食べたらこれまた美味しい。

e0155183_10543055.jpg
これは青豆寄せ豆腐。
青々しい色ですが豆の味が濃くてこれもまた美味い。






韓国から日本に嫁に来て13年という方とお話しする機会がありました。
やたらとんがってるようだったので、どうかしたのかと話しかけてみましたら
・・・・・・・
韓国に帰るか命を絶つか。けど子供を置いてそんな事も・・・・。
誰かに聞いて欲しくて、自分の辛さを、頑張ってきた事をわかって欲しくていたようです。

今までの事や彼女の思いを聞いてて涙がでました。
たった一人で日本に嫁に来て
知り合いもいず、色んな偏見のある土地で嫁として妻としてそして母親として
精一杯頑張ってきたのに当たり前だと思われて
誰にも認めてもらえず、どんなに悲しかったのだろうかと。

慰めるすべもなくただ隣で聞いてるしか出来なかったのですが
最後に彼女は
「それでもまだ頑張るしかない。また来週話しを聞いてくれますか?」
と次の面会の約束をして帰って行きました。

誰も認めてくれてないようでも、必ず誰かが見ていて認めてくれてます。
終わりのない事なんてないのだから、希望を持って欲しいと伝えました。

豊かなこの国に希望を持って来たのに
こんな思いで13年も過ごさなければならなかった。
物質にはとても恵まれて裕福に見えるこの国が
実は貧しい国なのかもしれません。

日本人であれ外国人であれ
こんな辛い思いを抱えて生きている人に心を留めていきたいと思います。
[PR]
by gonmarumeru | 2009-06-07 11:12 | ごはんとか。
<< 色々。 ネコちゃん気分。 >>